オプティ

  •  
  •  
  •  

オプティの買取りで少し高く売る方法を大公開!

 

オプティの買取りで少し高く売る方法を大公開!

オプティ(ダイハツ)について

 

オプティ(ダイハツ)とは、乗用系の軽自動車で、
過去にダイハツが製造・販売していました。

 

 

モデルは、初代がL300S/310S型とL800S/810S型の2台。
初代モデルは、1992年1月に登場し、
発売に先駆けた1991年の「東京モーターショー」にて、
プロトタイプである『X-409』が出展されました。

 

 

オプティは、リーザの後継者になり、“超・ラブリー”をキーワードコンセプトにし、
ボディデザインも丸みを帯びた可愛いスタイルになっているのが特徴です。
そのため、特に女性からの維持が高く、
また錆対策や静粛性など当時の軽自動車の中では高級感のあるカラーが印象的でした。
しかし、1998年10月に、軽自動車規格改正により生産を終了。
2代目モデルが1998年11月に登場しました。

 

 

 

2代目モデルの特徴は、短いリアデッキに独立したトランクルーム。
さらに、軽自動車では初となる4ドアハードトップを採用し、
親しみやすい異形丸型2灯式ヘッドランプで、
「超・ラブリー」のキーコンセプトもしっかり残っています。

 

 

 

しかし、2002年7月にムーヴなどの軽トールワゴンが登場したことで、
オプティのような軽自動車が販売不振になり、生産が終了しました。

中古車販売とマニュアル車

 

中古車販売とマニュアル車について。
車には、MT車とAT車があります。
マニュアル車ははMT車のことで、
現在マニュアル車を取り扱っているショップが
減ってきていると言われています。
特に、新車を扱っているショップでは、
マニュアル車は絶滅寸前の危機が迫っているとか・・・?

 

 

そもそもマニュアル車とは、
「マニュアルトランスミッション車」のことで、
1〜4速とバックギアが組み合わさり走行します。
道路交通法の免許区分では、クラッチ操作を行うのがMT車になります。
しかし、現在は日本やアメリカの一部のスポーツカー系以外では、
ほとんど取り扱われなくなっています。
でも、ヨーロッパ圏では、今でもマニュアル車が主流になっており、
地域によって異なるようです。

 

 

では、中古車販売ではどうでしょうか?
新車では激減しているマニュアル車ですが、
中古車販売店の場合、取り扱っているショップも多いようです。
もちろん、以前よりは減っていますが、
それでもマニュアル車を入手したいのであれば、
中古車販売店が良いでしょう。

 

 

 

近年は、どうしてもAT車の普及率のほうが高いようです。
そのため、現在のAT普及率は約9割以上。
そして、2010年には、AT車比率が98%超えになりました。
街中で走っている車は、ほぼAT車と言っても良いですね。

 

 

自動車売却

車種について

オプティについての情報をまとめています。オプティは売るときにどんなことに気をつけたほうがいいのか知りたい方はこちら。また、高額買取の秘訣も紹介しています。

Copyright オプティの買取りで少し高く売る方法を大公開! All Rights Reserved.